たべたいし 第4回 じゃがいもと牛肉のピリ辛炒め

いつも太子タウンをご覧頂きありがとうございます。

本日「たべたいし」にてレシピをご紹介するのは、太子町産のじゃがいもを使った「じゃがいもと牛肉のピリ辛炒め」です。

今回購入した太子産のじゃがいもは、「ピルカ」という品種で、卵のような形と薄い皮を特徴として持つ種類です。

生産者は見影清志さんで、大きいサイズが2つ入り200円のものを道の駅「近つ飛鳥の里・太子」で購入しました。

道の駅 「近つ飛鳥の里・太子」

じゃがいもといえば皮むきがなかなか大変です。大きいサイズのものを使えば一度で皮をむけるので大助かりです。

じゃがいも「ピルカ」の豆知識

じゃがいもの品種「ピルカ」をご存知ですか?

新品種である「ピルカ」の語源はアイヌ語で「美しい」という意味で、2010年に品種名称として登録された比較的新しい種類のじゃがいもです。

ピルカの特徴は、皮が薄く、じゃがいも特有の「芽」が浅くて少ないため料理をする際の手間がかからないことです。

煮崩れしづらいことから、煮込み料理や炒めものに向いていますが、蒸すことでホクホクした食感も味わうことができるのでお料理の幅が広がりますね。

それでは実際にじゃがいも「ピルカ」を使用した料理を作っていきましょう。

「じゃがいもと牛肉のピリ辛炒め」レシピ

*材料
・じゃがいも 大1つ
・牛薄切り肉 300グラム
(牛肉の下味用 醤油大さじ1 砂糖小さじ2 にんにく 適量)
・ごま油 大さじ1
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ2分の1
・豆板醤 小さじ1
・白ごま 大さじ2
・小ネギ 適量


①じゃがいもの皮を剥き細切りにして5分程度水にさらします。

②牛肉も細かく切り、下味用調味料とよく混ぜ合わせておきましょう。

③フライパンを熱してごま油を入れます。中火でじゃがいもをしっかりと炒めましょう。(炒める時間が少ないとタケノコのような食感になります。)

④じゃがいもに火が通ったら、下味をつけた牛肉を入れて一緒に炒めます。

 

⑤全ての調味料を入れ、ごまと小ねぎをふったら出来上がりです。

「じゃがいもと牛肉のピリ辛炒め」完成です!

「じゃがいもと牛肉のピリ辛炒め」は、甘辛い味付けなのでご飯のお供にピッタリです。

今回使用したじゃがいもはサイズが大きかったので細切りした料理がしたくてこちらのレシピを作ってみました♫

辛いのが苦手な方は、にんにくや豆板醤を入れずに作ってみるのも良いかもしれません!

お弁当にも便利な常備菜としていかがでしょうか。

クリスマスまであともう少しとなりました!

次回の「たべたいし」では再びこちらのじゃがいもを使用した「ポテトサラダツリー」をご紹介予定ですので、お楽しみに!