「太子町消防団」・「富田林市消防署・太子分署」

本日5月4日は「国際消防士の日」です。

これは消防士の守護聖人である聖フロリアヌスの祝日であることに由来しています。

この国際消防士の日にあやかり、大阪府太子町の平和を守る「太子町消防団」と「富田林市消防署・太子分署」をご紹介します。

新春には太子町の春日消防分団による出初式(でぞめしき)も執り行われていましたね。

【太子町】春日消防分団による新春の出初式

太子町消防団とは

太子町消防団は消防・救急のための組織です。

そのなかの消防組織としては、太子町消防団本団を筆頭に、地区ごとの5つの分団「太子分団春日分団山田分団葉室分団畑分団」に分かれています。

総務省消防庁によると、消防団は市町村の非常事態に備えるための消防機関で、そこに所属する消防団員の方々は本業をもちながら「自らの地域は自ら守る」という精神に基づき消防防災活動を行っていらっしゃいます。

太子町の穏やかな暮らしを守って下さる皆様に、改めて感謝いたします。

富田林市消防署・太子分署

富田林市消防署・太子分署は太子町にある富田林市消防本部の分署です。

富田林市消防署・太子分署では車両4台が配備されており、20名ほどの職員の方々が勤務されています。

火災などの緊急事態に出動するなど、私たちの命や太子町での平和な暮らしを守って下さっています。

 

 

防災は日々

の心がけから

太子町消防団は、第61回大阪府消防操法訓練大会で優勝するほどの高い実力を持った方々です。

しかし太子町消防団富田林市消防署・太子分署の職員の方々ばかりを当てにするだけではいけません。

ゴールデンウィークも後半に差し掛かり気の緩みがちな今日このごろ、この「国際消防士の日」に改めて自分自身の防災意識も高めてゆきましょう。