太子町内では、町民の皆さんが主体となって色々な集会(サロン)が開催されているのはご存知でしょうか?

つかのまえサロン「陽だまり」もそういったサロンのひとつで、毎週木曜日に太子ヶ丘集会所に町内の高齢者の方々が集まり、勉強や運動をしたり、お茶を飲みながらおしゃべりをしたりと楽しく過ごされています。

5月5日の本日は「こどもの日」ということもあって、普段の高齢者だけの集まりではなく、集会所前の公園で高齢者や家族連れが交流できるこどもの日交流会となりました。

受付には目を引くこいのぼりの飾りがありました。これは町内の皆さんが折り紙で折った兜を何枚も貼って、うろこに見立てたのだそうです。

手指の消毒、検温、名前や住所の記入も徹底されていました。大人のみ参加費が1人100円です。お茶やコーヒー、ポップコーン、綿菓子が飲み食べ放題。スーパーボールすくいもあって、子供たちが夢中で取れたスーパーボールの数を競っていました。

主催のつかのまえサロン「陽だまり」代表の北口和男さんに、今日の交流会の手ごたえを伺いました。

「今日はいろんな方のお手伝いがあったおかげですが、思った以上にたくさんの方に来ていただき特に子供たちが多く、楽しそうにしている姿を見ているだけで大成功だったなと自画自賛しております」

今後の活動はどのようにしていく予定ですか

「普段は高齢者の方の集会が毎週行われていますが、今後は子供たちに喜んでもらえるようなイベントというか、世代交流のできるようなものをやっていきたいと思います」

いいお天気に恵まれ、合計80名以上の参加者があったつかのまえサロン「陽だまり」こどもの日交流会は、主催の北口さんが嬉しそうだったのはもちろんですが、参加者の皆さんの楽しそうな様子も印象的でした。