10月7日(土)から12月3日(日)まで、太子町立竹内街道歴史資料館にて中山久蔵氏の企画展がはじまります。

北海道に寒地稲作の基礎を伝えた中山氏については、太子タウンでも過去数回に渡り話をご紹介しました。

【大阪府太子町】8月18日はお米の日!北海道寒地稲作の礎を築いた中山久蔵の話

【太子町山田】太子町役場にいったら中山久蔵の展示を見てみよう!

今回は、寒地稲作成功150周年記念として特別企画が開催されるということです。

展示資料の中には、なんと久蔵氏が明治天皇から授与されたという銀の盃が予定されているんだそうです。久蔵氏と天皇との関わりなども今回の企画展の見どころなのではないでしょうか。

久蔵氏の活躍した北海道と生誕地である太子町春日村とのつながりをぜひ見に行ってみましょう。

太子町立竹内街道歴史資料館企画

太子町大字山田に位置する「町立竹内街道歴史資料館」は、太子町から出土した遺物や古文書なを見ることができます。

【太子町山田】竹内街道(たけのうちかいどう)歴史資料館に行ってきた

毎年秋には「企画展」を開催しており、今年は「中山久蔵氏」の特別資料が展示される予定です。

中山久蔵氏は、寒すぎてお米が生育しなかった北海道に稲作を広めた人物です。

農業の普及に生涯をかけた中山氏の半生を竹内街道歴史資料館にて覗き見ることができますよ。

そして、10月号太子町の広報をお持ちの方は、なんと入館料が無料です。

この機会に、皆様も資料館にぜひ足をお運びくださいね。

企画展の詳細は以下の通りです。

企画展開催日 10月7日(土)〜12月3日(日)
開催場所 太子町立竹内街道歴史資料館
入館料金 大人:200円
高校・大学生:100円 小・中学生:50円
(20人以上の団体は2割引き)
休館日 月曜日(月曜日が祝日であった場合は開館しています)

 

太子町立竹内街道歴史資料館へのアクセス

名称 竹内街道歴史資料館
所在地 大阪府南河内郡太子町山田1855
電話番号 0721-98-3266
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(その日が休祝日の場合は開館) 年末年始(12月28日~1月4日)
入館料 一般200円、高大生100円、小中学生50円(特別展示期間中は入館料変更の場合あり)
アクセス 近鉄南大阪線「喜志駅」か「上ノ太子駅」から金剛バスに乗り「六枚橋東」で下車 徒歩10分
地図

土日祝は太子町コミュニティバス(畑南~太子町役場区間)が運行しています。

お車でお越しの場合は、南阪奈道路太子ICでおりてから南河内グリーンロードを経由し、国道166号へ入って5分ほど走ると見えてきます。
道の駅「近つ飛鳥の里・太子」の駐車場を利用すると便利です。

時期によっては特別展示が行われていることや展示室を閉鎖していることもあるので、資料館へ立ち寄る前にホームページで最新情報をチェックしてください。