【太子のヒト7人目 】田路耀介(とうじようすけ)選手 FC徳島所属

太子町で活躍する皆さんにお話を聞きに出かける太子タウンの「太子のひと」の第7回は、本日4月8日に21歳の誕生日を迎える太子町出身でFC徳島に所属する田路耀介(とうじようすけ)選手のインタビューです。

田路選手お誕生日おめでとうございます!

 

サッカー選手になられた経緯や、今後の目標、そして太子町の皆さんへのメッセージもいただいております。

インタビュアーは、太子タウン記者の土井が担当しました。

FC徳島に所属する田路耀介選手のお仕事とは

田路耀介選手はFC徳島で、どのようなお仕事に取り組まれているのですか?(以下、敬称略)

田路「平日は朝に2時間サッカーの練習をして、その後は介護の仕事をしています。」

介護のお仕事というのは?

田路「FC徳島のスポンサーさんである企業で介護の仕事に取り組んでいます。」

サッカー選手になるまでの経

田路選手はいつからサッカーを始めましたか?

田路「小学校3年生の頃から太子町ジュニアサッカークラブ(太子町JSC)に所属してサッカーを始めました。また小学生の頃は父親の影響で空手も習っていました。」

空手の経験でサッカーに活きていると思うことはありますか?

田路「空手はサッカーと違い1対1のスポーツでしたが、空手の経験でフィジカル面やメンタル面が鍛えられてサッカーのプレーにも活きていると感じています。」

そして中学生になってからはセレッソ大阪U-15でプレーをされていましたね。

田路「学校終わりに、太子町から練習に通っていました。」

太子町立太子中学校を卒業後は興國(こうこく)高等学校へ進学されましたね

田路「セレッソ大阪U-18への昇格を目指していましたが叶いませんでした。その時の悔しさをバネにサッカーの強豪校である興國高等学校への進学を決意しました。」

田路選手は、その悔しさを胸に高校3年生の時には主将として同校史上初の全国高校サッカー選手権出場に貢献し2020年にツエーゲン金沢へ加入、2022年は四国サッカーリーグに所属するFC徳島へ期限付き移籍で加入されています。

太子町の印象

田路選手から見た太子町の印象は?

田路「緑豊かな町という印象です。」

確かに太子町は二上山などもあり緑豊かな町ですね。

田路「自然に触れて暮らせるので住みやすい町だと思っています。」

夢と目標

田路選手は、小学生の頃からプロサッカー選手という夢を抱いていましたか?

田路「サッカーを始めた小学生の頃からプロサッカー選手という夢を抱いていましたが、まだ遠いものだなと思っていました。」

遠いと思っていた夢が近づいてきたと感じた瞬間はいつでしたか?

田路「中学生になってセレッソ大阪U-15へ所属した時には明確な夢として意識するようになりました。」

現在の目標は何ですか?

田路「Jリーグでの活躍が目標です。その為にも周りに良い影響を与える人として全力で取り組んでいきたいと思います!」

太子町の人へのメッセージ

最後に、なにか太子町の皆さんにメッセージをください。

田路「Jリーグでの活躍という目標を一緒に応援して欲しいです!また試合を見に来て下さったら声をかけて下さい!」

田路選手インタビューを受けていただき、誠にありがとうございました。

インタビューを通して田路選手のプロサッカー選手という夢を追いかける中で時には壁にぶつかり、でも走り続け夢を叶え、そして夢を叶えた先でも新たな目標へ向かって全力で取り組んでいく、とにかくサッカーが好きという気持ちが伝わってきました。最後のメッセージでも太子町の人にJリーグでの活躍という目標を一緒に応援していってほしいとおっしゃっていたので、私たち太子町民もJリーグでの活躍を目指す若武者を一緒に応援していきましょう!

FC徳島へのお問い合わせはコチラ

Tel:0883-30-3806  Fax:0883-30-3807 E-mail:fctokushima2016@outlook.jp

【太子のヒト6人目 】たいしくん「大阪府太子町の公式マスコットキャラクター」インタビュー