太子ネイチャー 第53回 ハクセキレイ

太子町の豊かな自然の中には、四季折々の風景を彩る多様な生き物たちがいます。

第53回目の「太子ネイチャー」では、太子町内でよく目にする「ハクセキレイ」という鳥にスポットを当ててご紹介しますよ。

ハクセキレイは、白と黒色をした小さい鳥で、トコトコ早く歩く姿がとても可愛いんですよ♫

それではハクセキレイについて詳しく見てみましょう。

ハクセキレイとは

ハクセキレイ(白鶺鴒、Motacilla alba)は、セキレイ科に属する小型の鳥であり、その名前は「白い尾を持つ」という意味の日本語から来ています。

比較的小さい鳥のハクセキレイですが、体長は約18cm程度、体色は上部が灰色がかった茶色、下部は白いことが特徴です。

また、鮮やかな黒いしましまが頭部にあり、尾を上下に振る習性があります。

太子ネイチャー 第53回 ハクセキレイ2

ハクセキレイの生態

ハクセキレイは、昆虫やクモ、小さな甲殻類などを食べる雑食性で、特に地面を走り回りながら獲物を探す姿が観察されます。

また、一対で縄張りを持ち、他のハクセキレイが侵入することを許しません。

冬季には、温かい地域から飛来する個体もおり、太子町にある自然豊かな食料と安全な生息地を求めてやってきます。

太子町でのハクセキレイ

太子町では、冬の寒い時期になるとハクセキレイをよく見かけるようになります。

町を流れる清らかな川辺や、緑豊かな公園では、彼らが食事をする様子や、元気よく鳴き交わす姿を観察することができます。

特に早朝や夕暮れ時に活動的で、冬の寒さの中でも太子町の自然と生きるハクセキレイの姿は、多くの自然愛好家や写真家を魅了してやみません。

ハクセキレイと共に暮らす太子町

太子町では、ハクセキレイをはじめとする野鳥たちが安心して生活できる環境づくりに努めています。

川辺の清掃活動や公園の植生管理など、人と自然が共存するための取り組みが地域全体で行われています。

【上ノ太子駅】4月2日は飛鳥川大クリーン作戦で心もピカピカに!

これらの努力により、ハクセキレイを含む多種多様な生き物たちが太子町で暮らし、町の自然環境を豊かにしています。

まとめ

本日は太子町にも生息している「ハクセキレイ」をご紹介しました。

普段よく見かける鳥ですが名前までは知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

太子町をお散歩した際には、ぜひハクセキレイにも注目してみてください。